総量規制対象外のローンとは?

個人が借り入れできるお金を年収の3分の1にあたる金額までに制限し、一定の金額を超える借り入れを希望する場合に収入証明書類の提示を義務づける「総量規制」は、貸金業法で規定されているものです。そのため、すべての登録貸金業者は、ローン商品を展開する際にこの規制にしたがって顧客に貸付けをおこなわなければなりません。一方、銀行法に基づいて業務を行っている銀行や、信用金庫法に基づいて営業している信用金庫では、それぞれの法律に貸金業法で規定されている総量規制を準用する旨の文言が存在しません。したがって、銀行や信用金庫で提供されているカードローンやフリーローンは、すべて総量規制と言われているものではない融資のローン商品となります。

ただし、総量規制対象外のローンであっても、希望額が多額になると、与信審査で返済能力の有無を判断するために収入証明書類の提出を求められることがあります。収入証明書類が必須となる希望借入額は銀行によって異なりますが、300万円を超える額を希望するときには殆どの銀行や信用金庫で書類の提示を求められるでしょう。

また、貸金業者が提供しているローン商品を利用する場合でも、特定の目的による借り入れに関しては総量規制の対象から外れます。例えば、マイホームを購入したり、リフォームを実施する際に必要な資金を借りる場合や、新しいマイカーを担保としてマイカーの購入資金を借りる場合などは、総量規制の借入残高には算入しないことになっています。

Comments are closed